エイジング

ニキビはアンチエイジングに大敵!シミの原因にも

ニキビは若い時期にだけ出るものではありません。

大人になってもニキビに悩まされている人はとても多く、慢性的なものになっている人も多いでしょう。

ニキビはアンチエイジングに大敵です。結果的にはニキビは自然と治っていきますが、治し方などを誤ることでそのニキビ跡により、肌にシミなどを作ってしまう原因となってしまいます。

ニキビを治すことを考える前に、ニキビが出ないようにする体質の改善から考えることが先決だと言えるでしょう。

ニキビができてしまう原因はとてもたくさんあります。原因が多いからこそ、ニキビを防ぐことは難しいと言えるのです。
原因を完全に特定することは難しいですが、まずはさまざまな要因を排除していくことから考えてみましょう。

原因の一つに、生活リズムの乱れがあります。とくに睡眠はニキビの発生と大きな関わりがあり、睡眠時間が極端に短い日が続くことや、なかなか眠れないという日が続くことでニキビができやすい環境が整ってしまいます。

まずは、自分自身が正しい睡眠を行えているかどうかを考えてみましょう。睡眠に問題があると感じるのであれは、早目に修正を行えるようにしておくべきです。

体の細胞の修復が行われる時間帯は、夜の10時から深夜の2時頃と言われています。この時間帯に、しっかりとした睡眠が行われているかどうかも大切なポイントです。

また、ストレスもニキビの発生と大きな関わりがあります。ストレスを溜め込んでしまうことで、ニキビだけではなくさまざまなアンチエイジングに問題が発生してしまうでしょう。

とくに最近では仕事をしながら家事や育児を行っている女性が多く、ストレスがとても溜まりやすい環境になってしまっています。

ストレスを上手にコントロールできる力を身につけることができれば、ニキビの発生も自然と治まって行くでしょう。

しかし、毎日のストレスを上手にコントロールすることは簡単なことではありません。ストレスから逃げるのではなく、まずは自分のストレスを見つめ直すことから始めてみましょう。

食べ物や食べ方によって老化防止につながる

最近疲れて、食生活が乱れている・・・
と言う事があり、鏡を見ると顔がくすんで見えるなんて事があったのを覚えています。

スキンケアはいつものように欠かさず行っていたのですが、食生活が不規則になっていたせいか、疲れにくくなっていたり、なかなか疲れが取れなかった事もあり、食生活を見直してみる事にしました。

「医食同源」と言う言葉もあるように、食べ物や食べ方によって、心身共に健康に保つ事によって、見た目にも老化防止につながるようになるのです。

食事の基本は3食必ず食べる事。
朝が弱い人は、軽くでもいいのでしっかりと食べる事が大事です。

サラダやお味噌汁を先に食べて、最後にご飯を食べるようにすると、満腹感もしっかりと得られ、血糖値の急激な上昇も防ぐ事ができると言われています。
お店で出てくるようなコースメニューのような順序も、満腹感や血糖値を押さえるのに理想的な順序だと言われています。

酵素が豊富なものを摂取する事によって、体の中の活性酸素が積極的に除去されると言われています。
納豆やキムチ、ヨーグルトなどの発酵食品や、生野菜などにも酵素は沢山配合されています。
特に注目される食べ物は、梅干だと言われています。

野菜を沢山食べればいいと考えている人も少なくはないと思います。
野菜を食べる事もいいのですが、大事なのはバランスよく食べる事です。

あまり食べ過ぎないほうがいいものもありますが、肉や魚など、どうしても食べたいものは、野菜と一緒に食べるなど、バランスよく食べると、内臓への負担を軽くしてくれるのです。

そして、食べる上で大事な事は、食べているときに、幸せを感じながら食べること。
美味しいものを美味しいと思いながら食べることによって、脳が幸せな気分になり、満腹感もすぐに得る事ができ、食べ過ぎ防止につながると言われています。

穀物や、たんぱく質、炭水化物など、どの栄養素もすごく体には大事なものばかりです。
摂りすぎには注意しつつ、積極的にバランスよく摂取していくことによって、疲れにくい体になり、お肌も明るくなっていくのです。

メイクをするたびに思わず憂鬱になってしまう毛穴はなぜできる?

Tゾーンや頬・顎周りのぽつぽつ毛穴、すごく気になりますよね。

どんなに気をつけてしっかりと洗顔してみても、一度出来てしまった毛穴ってなかなか消えないですよね。

鏡を見るたび、メイクをするたびに思わず憂鬱になってしまうこの毛穴、
まずどうして出来てしまうのかご存知でしょうか?

毛穴が黒く見えてしまうのには様々な理由があります。

汚れやメイクが落とせずに少しずつ溜まってしまい、酸化して詰まり黒くなってしまう場合。

たるみや老化により皮膚が垂れ下がり、毛穴が自然に開いてしまう場合や、乾燥により開いてしまう場合もあります。
また、汚れなどではなく毛が生えて黒く見えている場合もあります。

自分の肌を良く観察し、何が原因で毛穴が開いてしまったのか原因を突き止める事が解消への第一歩です。
汚れが溜まっている場合は触るとざらざらした感じや、見るからに黒く盛り上がっている場合があります。

その際はこすりすぎずに丁寧なクレンジングを心がけ、蒸しタオルを使い毛穴を開いてからたっぷりと泡立てた泡で洗顔しましょう。

天然の泥で出来たクレイパックを使用するのも効果があります。
たるみ毛穴の場合は、毛穴が楕円状になっているので分かりやすいでしょう。

たるみケア用のエイジングクリームなどを使用し、しっかりと保湿してみましょう。
毛穴の開きには、徹底的に保湿してみると改善する場合が多いと思います。

毛穴から脂が出るから私は脂性!と思っている方が多くありませんか?

そんな時はさっぱりとした化粧水を使ってしまいがちですが、案外乾燥しているから脂が出ているのかもしれません。脂性で毛穴が開いているという方は、一度これでもか!という位保湿に力を入れてみるのをオススメします。

その際はオイルや乳液ではなく、クリームでしっかりとお肌を保護するのがポイント。

お肌がふっくらすると、それだけで毛穴が目立たなくなるのを感じます。毛穴には丁寧な洗顔、そして徹底的な保湿、お勧めです。

肌トラブルを防ぎ健康な肌を維持することは、美肌への近道

季節の変わり目やストレスを感じたときなどに肌トラブルを起こしやすい方の肌質は、敏感肌と呼ばれスキンケアが重要と言われています。

敏感肌の方は色々な物質や環境の変化で肌のかゆみを覚えたり湿疹が出たり、ニキビや吹き出物が出てしまうため、化粧品選びが重要とされています。
敏感肌には敏感肌専用のスキンケア用品を使うことをお勧めします。

敏感肌専用の化粧品は、各メーカーから販売されていますが、どの商品にも言えることは肌の刺激になりやすい成分を配合せずに肌のバリア機能を上げることが期待できる点が挙げられます。

一般的な化粧品の場合、使用感をよくするための添加物が使用されることが多いとされますが、敏感肌の場合はそのような添加物は肌の刺激になるため、配合されていません。

添加物として通常の化粧品に使われる成分としては、保存料や着色料、香料や鉱物油などが挙げられます。

敏感肌は皮脂や水分量が低下している傾向にあるため、敏感肌用の化粧品は不足しがちな油分や水分を効果的に補給できるタイプが人気です。
肌のバリア機能を向上させることで、外からの刺激をやわらげたり、肌トラブルが起こるのを防いてくれる役割があります。

敏感肌の場合は、色々な物質にアレルギーを起こしやすいため、どのような物質にアレルギーを起こしやすいかについて知っておくことも大切です。
一度かぶれを起こした化粧品については、すぐに使用をやめ、疑わしい成分が配合された他の化粧品を使う時は、あらかじめパッチテストを行うのが良いでしょう。

パッチテストは腕の内側などに化粧品を塗り、時間がたってからかぶれていないかどうかを確かめるテストです。このテストを行うことで、不要な肌トラブルを防ぐことができます。

敏感肌には紫外線の刺激も良くありませんので、ノンケミカルのサンスクリーンを使用してしっかりと紫外線をブロックする必要があります。
ノンケミカルの日焼け止めは、敏感肌の方でもかぶれにくい日焼け止めとして知られています。

肌トラブルを防ぎ健康な肌を維持することは、美肌への近道と言えます。

トマトにはすごい効能がたくさんあります

トマトと言えば、夏を代表する野菜の1つです。

太陽の日差しをたっぷり浴びたトマトは、栄養豊富で色々な料理やデザートにも使われる食材です。しかし、好き嫌いが分かれる野菜です。でも、すごい効能がたくさんあります。まず何と言ってもトマトと言えば”リコピン”です。あのトマトの赤みはリコピンの成分です。リコピンは抗酸化作用が豊富で、酸化による体の老化を防いでくれるのです。

その結果、脳卒中や動脈硬化を減らしてくれるのです。減らすのはそれだけではなく、脂肪の吸収もです。そして脂肪をつきにくくする効果もあります。また、トマトはカリウムが豊富で、カリウムには血圧を下げる効果があります。と同時にコレステロールも排出されるので、至れり尽くせりです。そして”クエン酸”も多く含まれています。

クエン酸と言うと梅干しを思い浮かべるところですが、トマトにもあるのです。それが脂肪燃焼を促進してくれます。”リコピン”と言い”クエン酸”と言い、どちらも女性には嬉しい効能がたくさんあります。味もあの酸味が食欲を増してくれるので、食欲がない時や脂っこい食事の口直しにはピッタリです。

しかし、これだけの効能があっても、どうしても生で食べるのが苦手な方もいます。青臭いからとかトマトの味自体が苦手と言った理由からです。そういった場合は、近頃はトマト味の飴もありますし、トマトを凍らせてジュレにして食べるのも良いかと思います。あるいはトマトジュースでソースやドレッシングを作って食べるのもおススメです。

そのまま食べるよりも、何かと一緒に食べる方が吸収も良く、結果トマトが持つ効能を発揮してくれるからです。目安としては、1日1個のトマトを食べるのが理想です。続けることで、酸化を防止し脂肪を燃焼するなどして、体の中から整えてくれます。トマトが好きな方だけでなく、嫌いな方にも、トマトの効能を知っていただいて、いや、その前に美味しく食べてもらえたら十分です。

顔にシワができる最も大きな原因は潤いの低下

年齢を意識するようになったと感じることはどのようなときでしょうか。

とくに女性の場合、年齢を感じるようになったという体の部分は顔でしょう。顔にシワが目立つようになったときには、老けて見えてしまうものです。年相応と考えてそのままにしておくことで、こうした顔のシワはどんどん増えていくものです。

顔のシワへのアンチエンジング方法はとてもたくさんありますが、大切なことは自分に合った方法を取り入れて実行することです。

実は、顔にシワができる理由というのは一つだけではありません。なぜシワが増えてきたのかということから考えることで、その解決方法が見えてくるはずです。

まず、顔にシワができる最も大きな原因は潤いの低下です。保湿能力が低下した肌は、肌に張りを保つことができなくなりたるみが発生します。そして、たるんだ箇所は肌が伸びたような状態になってしまい結果的にシワとなってしまうのです。これは、紫外線を浴びることでも起こることで、最終的には潤いの低下に繋がりシワができてしまいます。

しかし、顔にシワができるのはこうした潤いだけではありません。顔自体の筋肉の低下もあります。

顔には表情筋というものがあり、年齢と共に筋力が低下をしていきシワができてしまうのです。筋肉の低下は表情筋だけではなく、体全体に及んでくるでしょう。
表情筋の低下を防ぐ方法、または鍛える方法は日々のトレーニングで解消できる場合があります。

まず、怒りや喜び、悲しみなどのさまざまな表情を自分で作ってみましょう。過剰な表情を無理に行うことで表情筋を鍛えることができます。表情筋を鍛えるときには、夜の就寝前が良いとされています。毎日続けることで、表情筋だけではなく顔の血行も良くなりアンチエンジング効果が高まるでしょう。

大切なことは、少しずつでも良いので毎日しっかり続けることです。すぐに大きな効果を得ることはできませんが、徐々に効果を実感できるようになるでしょう。