年齢を意識するようになったと感じることはどのようなときでしょうか。

とくに女性の場合、年齢を感じるようになったという体の部分は顔でしょう。顔にシワが目立つようになったときには、老けて見えてしまうものです。年相応と考えてそのままにしておくことで、こうした顔のシワはどんどん増えていくものです。

顔のシワへのアンチエンジング方法はとてもたくさんありますが、大切なことは自分に合った方法を取り入れて実行することです。

実は、顔にシワができる理由というのは一つだけではありません。なぜシワが増えてきたのかということから考えることで、その解決方法が見えてくるはずです。

まず、顔にシワができる最も大きな原因は潤いの低下です。保湿能力が低下した肌は、肌に張りを保つことができなくなりたるみが発生します。そして、たるんだ箇所は肌が伸びたような状態になってしまい結果的にシワとなってしまうのです。これは、紫外線を浴びることでも起こることで、最終的には潤いの低下に繋がりシワができてしまいます。

しかし、顔にシワができるのはこうした潤いだけではありません。顔自体の筋肉の低下もあります。

顔には表情筋というものがあり、年齢と共に筋力が低下をしていきシワができてしまうのです。筋肉の低下は表情筋だけではなく、体全体に及んでくるでしょう。
表情筋の低下を防ぐ方法、または鍛える方法は日々のトレーニングで解消できる場合があります。

まず、怒りや喜び、悲しみなどのさまざまな表情を自分で作ってみましょう。過剰な表情を無理に行うことで表情筋を鍛えることができます。表情筋を鍛えるときには、夜の就寝前が良いとされています。毎日続けることで、表情筋だけではなく顔の血行も良くなりアンチエンジング効果が高まるでしょう。

大切なことは、少しずつでも良いので毎日しっかり続けることです。すぐに大きな効果を得ることはできませんが、徐々に効果を実感できるようになるでしょう。